ページの先頭です。

11/29(日)~医療現場におけるハーブ療法の役割~<br/>自己効力感を高めるスキルとしてのハーブ

11/29(日)~医療現場におけるハーブ療法の役割~
自己効力感を高めるスキルとしてのハーブ

講座コード : 63020-902-00

今回の講演では自己効力感を高めるスキルとしてハーブ療法がどのように役立つか、緑蔭診療所での経験を通してお話します。長期間の治療を受けなければならない場合、医師の指示に従うしかないという受け身の精神状態は病気の改善や治療効果にも悪影響を与えると私は考えています。しかし、自分の病気に能動的に関わっていくためにはセルフケアの知識と技術が必要です。ハーブティやアロマセラピーは心身両面で役立つセルフケア法のひとつです。更に自分がやるべきことを担っているという自己効力感が高まり、精神状態とQOL(生活の質)の向上につながると考えています。
オンライン講座のお申込み前にこちらをご確認ください。

プロフィール
小児科および循環器専門医、認定内科医、医学博士。
内科、小児科の慢性疾患や心身症に対して現代医学と漢方を組み合
わせた治療を行いながら、ハーブ療法やアロマテラピーを利用した
セルフケアを指導している。
著書『医師が教えるアロマ&ハーブセラピー』(マイナビ)など。

講師 橋口 玲子


受講料    ¥5,500(税込)

教材費 なし

教材費別の講座は、別途当日お支払頂きます。
カートに入れる
  • New
  • 初心者歓迎
  • 1day

講座内容

今回の講演では自己効力感を高めるスキルとしてハーブ療法がどのように役立つか、緑蔭診療所での
経験を通してお話します。長期間の治療を受けなければならない場合、医師の指示に従うしかないと
いう受け身の精神状態は病気の改善や治療効果にも悪影響を与えると私は考えています。しかし、自
分の病気に能動的に関わっていくためにはセルフケアの知識と技術が必要です。ハーブティやアロマ
セラピーは心身両面で役立つセルフケア法のひとつです。更に自分がやるべきことを担っているとい
う自己効力感が高まり、精神状態とQOL(生活の質)の向上につながると考えています。

講座日程

11/29

持ち物

筆記用具、お送りするレジュメをご用意の上ご受講下さい。

注意事項

※この講座はZoomを利用したオンライン講座です。PC、タブレットをご用意の上、ご自宅などでご参加下さい。
 安定した通信環境でご参加下さい。
※レジュメは、ご郵送となります(開催日3日前までに発送いたします)。
※講座開催日までに、スクールよりZOOMオンライン用ID・パスワードをメールします(メールの送信日は、講座により異なります)。
※講座後の動画配信は行いません。

前のページへ戻る

TOP